さらりと良質のジャズが聴ける


QUINTET / SEXTET


アルバムはジャケットが大切です。本は表紙です。これはジャズに限りません。それなのにこのジャケット写真です。街で不良がうんこ座りしているようにしかみえません。タイトルも問題です。レコーディングの途中でアルトサックスのジャッキー・マクリーンが怒って帰ってしまったから『QUINTET/SEXTET』。なんというテキトーさ。ありえません。プレスティッジのボブ・ウエインストックさん、勘弁してください。

それでも、やっぱりマイルスはすごい。こんな扱いを受けつつも音楽は充実しまくりです。本作の場合、過激な斬新性や新しい試みといったものは鳴りを潜め、安定したいわゆるジャズが聴けます。ジャズを長年聴き、なおかつ音楽関連の業界にいたりしてさらにはマイルスを語って「普通のジャズが好き」「中庸なのがいい」などと軽々しくいえる人を私はあまり信用できませんが、そういう気分があることは事実です。そしてそういう気分だけどやっぱりマイルス、という場合には本作がぴたりなのです。

個人的に大好きなミルト・ジャクソンはいる、レイ・ブライアントもいる、パーシーヒースもアート・テイラーもいます。1、3曲目にはマクリーンもいます。全員がどっしりと落ち着いてジャズを演奏してる本作は、ジャケットにめげず傍らにおいておきたい1枚なのです。

麻薬地獄から自力で脱出したマイルスが、未だどっぷりのマクリーンに嫌気がさして喧嘩の末、マクリーンが切れて帰ってしまったようです。そしてこの後マクリーンはマイルスの音楽には不要の人となります。これからのマイルス超高純度音楽攻勢を考えると、“ラリってやっちゃう”では通用しないのは当然のことと思えます。

クレジットにはドラム、アーサー・テイラーとなっていますが、アート・テイラーのことです。

  1. DR.JACKLE(Jackie Mclean)8:52
  2. BITTY DITTY(Thad Jones)6:35
  3. MINOR MARCH(Jackie Mclean)8:15
  4. CHANGES(Ray Bryant)7:11
レーベル:PRESTIGE
録音:1955年8月5日

  • Miles Davis:trumpet
  • Milt Jackson:vibes
  • Jackie Mclean:alto sax(1,3のみ)
  • Ray Bryant:piano
  • Percy Heath:bass
  • Arthur Taylor:drums

スポンサー広告