マイルスは自身の音楽の始まりについて2つのことをあげています。本稿014で紹介したラジオ番組『ハーレム・リズム』ともうひとつです。それは、マイルスが土曜の夜、田舎の暗い道を歩いていた時に聴こえてきた音楽です。それは次の名言にて。

『マイルス・デイビス自叙伝1』より

 

スポンサー広告