夜の田舎道で、幽霊が住んでいると言われる不気味な森の教会から聴こえてきたマイルスの原音ともいえる音楽体験です。「ブルースとか教会音楽とかバック・ロード・ファンクとか、南部や中西部のサウンド、リズムがオレの身体に染みついたんだ。暗くなって梟が鳴きに出る、気味の悪いアーカンサスの裏道で、オレの血の中に入り込み始めたんだ。」

『マイルス・デイビス自叙伝1』より

スポンサー広告