マイルス・デイビス自叙伝

『マイルス・デイビス自叙伝 I & II』
マイルス・デイビス、クインシー・トループ著
中山康樹訳
宝島社




“オレだけのトーン”…。何かをつくる仕事に携わる人間全てが目指すもの。どんなものでもかまわない、自分の手でひとつひとつこねていくように何かをつくり、「自分だけのトーン」を少しでも込めようとすることこそ本当の仕事というものでしょう。

あのシンプルなトランペットという楽器を使い、たった一音静かに吹いただけで究極のオリジナリティを現出させ、聴く者に感性が拡がっていく衝撃を味わわせてしまうマイルスならではの名言、まさに「マイルスの名言」です。

スポンサー広告