究極のオリジナリティ

マイルス・デイビス年表

  • HOME »
  • マイルス・デイビス年表

マイルス・デイビス年表

An abbreviated choronoligical table of Miles Davis
1926(大正15)年 アメリカ、イリノイ州アルトンの裕福な家庭の長男に産まれる。
1933(昭和8)年 7歳頃からラジオの音楽番組などを通じて音楽に入れ込み始める。
1935(昭和10)年 9歳頃からトランペットを吹き始める。
1939(昭和14)年 13歳。父親からトランペットをプレゼントされる。
ジャズレーベル「BLUE NOTE」創設される。
1942(昭和17)年 16歳頃。バンドやステージで演奏するようになる。後に妻となるアイリーンと知り合う。
1943(昭和18)年 17歳。エディ・ランドールのバンドに1944まで1年ほど在籍。
1944(昭和19)年 18歳。高校生だったマイルスはプロのバンドからいくつもの誘いを受ける。しかし卒業までは両親の許しが得られなかった。
ミズーリ州セントルイスでビリー・エクスタインバンドのメンバーとして演奏していたチャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーの演奏に衝撃を受け、ニューヨーク行きを決意。ジュリアード音楽院に入学し、9月ニューヨークへと向かう。
ジュリアードに通いつつ、ジャズのコア的な場所であったビバップ誕生の地、ジャズクラブ『ミントンズ』や52丁目でチャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピーなど様々なミュージシャンと過ごす。
この頃、両親が離婚。長女シェリル産まれる。
1945(昭和20)年 ハービー・フィールズのバンドで初めてレコーディングに参加。『FIRST MILES』(SOVOY)の1~7曲目。
念願かなってチャーリー・パーカーバンドで演奏。
1946(昭和21)年 二人目の子供、グレゴリー誕生。
チャールス・ミンガスとの親交深まる。
1947(昭和22)年 エクスクァイア誌のトランペット新人部門に選ばれる。
初リーダーレコーディング『FIRST MILES』(SOVOY)の8~15曲目。
1948(昭和23)年 チャーリー・パーカーバンドを脱退。
ギル・エヴァンスをアレンジに加え、ノネット(九重奏団)を結成。
1949(昭和24)年 BIRTH OF THE COOL』(1949-50/CAPITOL)録音。マイルス23歳。
伝説的ジャズクラブ「バードランド」オープン。
デューク・エリントンのバンドから誘いがかかる。
タッド・ダメロンとともにパリへ。パリ・ジャズ・フェスティバルに参加。
パリでジュリエット・グレコと恋仲になる。
『IN PARIS FESTIVAL INTERNATIONAL DE JAZZ』(COLUMBIA)
ヘロイン中毒に陥る。
ジャズ・レーベル「プレスティッジ」創設される。
1951(昭和26)年 プレスティッジと契約(専属ではない)。
メトロノーム誌のオールスター投票に選ばれる。
『THE METRONOME ALL-STARS BANDS』(RCA)
1951(昭和26)年 ソニー・ロリンズのリーダーアルバム『SONY ROLLINS AND THE MODERN JAZZ QUARTET』に参加。
『CONCEPTION』(PRESTIGE)
初のLP録音『DIG』(PRESTIGE)
『MILES DAVIS AND HORNS』(1951-53/PRESTIGE)
1952(昭和27)年 麻薬からの脱却を試み始める。
ブルー・ノート初レコーディング。
『MILES DAVIS』(1952-54/BLUE NOTE)
『OUR DELIGHT/MILES DAVIS~JIMMY FORREST』(PRESTIGE)
1953(昭和28)年 ヘロインの常習癖はさらにひどくなり、遂に本格的脱出を決意、実行する。「そして、ある日、すべてが終わった。終わった、本当に終わったんだ。純粋な気分だった。」
後に結婚するフランシス・テイラーと出会う。(『SOMEDAY MY PRINCE WILL COME』ジャケット写真の女性)
『MILES DAVIS AND HORNS』(1951-53/PRESTIGE)
『COLLECTORS’ ITEMS』(1953-56/PRESTIGE)
『BLUE HAZE』(1953-54/PRESTIGE)
1954(昭和29)年 2月、麻薬地獄から脱出し、ニューヨークに戻る。
アーマッド・ジャマルの影響を受ける。
ギル・エバンスと出会う。
定期的にボクシングジムに通い、シュガー・レイレナードとも親交を重ねる。
WALKIN’』(PRESTIGE)
BAG’S GROOVE』(PRESTIGE)
『MILES DAVIS & THE MODERN JAZZ GIANTS』(1954-56/PRESTIGE)
1955(昭和30)年 3月、チャーリー・パーカー死す。
ニューポート・ジャズ・フェスティバル出演。好評を博す。
プレスティッジと若干の契約を残し、次期のコロンビアとの契約を決める(年額30万ドル、前渡金4,000ドル)。
キャノンボール・アダレイと出会う。
ジョン・コルトレーンがマイルスバンドに加入。マイルス、コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズからなる“黄金のクインテット”が形成される。
THE MUSINGS OF MILES』(PRESTIGE)
QUINTET/SEXTET』(PRESTIGE)
ROUND ABOUT MIDNIGHT』(1955-56/COLUMBIA)
『MILES』(PRESTIGE)
1956(昭和31)年 非ガン性の喉頭腫瘍切除手術後に、大声を出してハスキーボイスになった。
絶賛していたトランぺッター、クリフォード・ブラウン事故死。
プレステッジへのマラソンセッション。
ヨーロッパ演奏旅行。再びジュリエット・グレコと会う。
WORKIN’』(PRESTIGE)
STEAMIN’』(PRESTIGE)
RELAXIN’』(PRESTIGE)
『MUSIC FOR BRASS/THE BRASS ENSEMBLES』(COLUMBIA)
COOKIN’』(PRESTIGE)
1956(昭和31)年 薬物中毒の酷さに嫌気がさし、ジョン・コルトレーンとフィリー・ジョー・ジョーンズをバンド・メンバーから外す。コルトレーンの後はソニー・ロリンズ、フィリー・ジョーの後はアート・テイラー。
再びギル・エバンスとスタジオ入り(『MILES AHEAD』)。
ソニー・ロリンズとアートテイラー、レッド・ガーランドがバンドを辞める。トミー・フラナガン、フィリー・ジョー、キャノンボール・アダレイ加入。
ジュリエット・グレコを通じてマイルスのファンだったルイ・マルと出会い、『死刑台のエレベーター』の音楽を依頼される。初の映画音楽。
レッド・ガーランドとコルトレーンが再加入。
1957(昭和32)年 『MILES AHEAD』(COLUMBIA)
『ASCENSEUR POUR L’ECHAFAUD』(FONTANA)
1958(昭和33)年 フランシス・テイラーとヨリを戻す。
『ポーギーとベス』のアイデアを得る。
フィリー・ジョー・ジョーンズが再びバンドを脱退。
ミシェル・ルグランのレコーディングに参加。
ビル・エバンスがバンドを脱退。
キャノンボール・アダレイやジョン・コルトレーンは自身のバンドを作るため脱退を希望する。
ウイントン・ケリーがバンドに加入。
MILESTONES』(COLUMBIA)
SOMETHIN’ ELSE』(BLUE NOTE)
『1958 MILES』(COLUMBIA)
『LEGRAND JAZZ/MICHEL LEGRAND』(PHILIPS)
『MILES & MONK AT NEWPORT』(COLUMBIA)
PORGY AND BESS』(COLUMBIA)
『JAZZ AT THE PLAZA』(COLUMBIA)
1959(昭和34)年 カインド・オブ・ブルー』制作のためスタジオ入り。
ビリー・ホリデー死去。
ウイントン・ケリーが入った新しいセクステットは大盛況を受ける。
人種差別からなる不当逮捕を受ける。
KIND OF BLUE』(COLUMBIA)
SKETCHES OF SPAIN(COLUMBIA)
1960(昭和35)年 ジョン・コルトレーンにソプラノサックスを贈る。
3~4月、ヨーロッパツアーへ。
コルトレーン脱退。
ソニー・スティット加入。
フランシス・テイラーと結婚。
『LIVE IN STOCKHOLM 1960』(DRAGON)
『COPENHAGEN 1960』(ROYAL JAZZ)
『LIVE IN ZURICH 1960』(JAZZ UNLIMITED)
MAILES DAVIS IN STOCKHOLM 1960 COMPLETE』(DRAGON)
1961(昭和36)年 ソニー・スティット脱退。ハンク・モブレー加入、脱退。
ニューヨークに5階建てのビルを買い取り、自宅として使用。
その頃マイルスを聴きにきた俳優たち。マーロン・ブランド、エバ・ガードナー、リチャード・バートン、エリザベス・テイラー、ポール・ニューマン、ローレンス・ハーベイなど。
『MILES DAVIS AT THE BLACKHAWK VOL.1&2』(COLUMBIA)
『MILES DAVIS AT CARNEGIE HALL』(COLUMBIA)
『MORE MUSIC FROM THE LEGENDARY CARNEGIE HALL CONCERT』(COLUMBIA)
1962(昭和37)年 父親が死去。
J.J.ジョンソン、ウイントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブ、ジミー・ヒースというバンド構成から、4人が抜け、一時的にマイルスとジミー・コブの2人になる。その後、コブも抜け、新しいバンド作りが始まる。
ジョージ・コールマン、ロン・カーター、トニー・ウイリアムス、ハービー・ハンコックからなる60年代黄金のクインテット(第1期)が結成される。
『QUIET NIGHTS』(COLUMBIA)
『JINGLE BELL JAZZ』(COLUMBIA)
1963(昭和38)年 母親が死去。
ジョージ・コールマンが脱退し、サム・リバースが加入する。
初の日本公演。
ウェイン・ショーター加入。真の60年代黄金のクインテットが完成する。
『SEVEN STEPS TO HEAVEN』(COLUMBIA)
『MILES DAVIS IN EUROPE』(COLUMBIA)
1964(昭和39)年 7月、マイルス初来日。
フランシス・テイラーと別居。
マルコムXがアフロアメリカン統一機構(OAAU)を結成。
MY FUNNY VALENTINE』(COLUMBIA)
FOUR & MORE』(COLUMBIA)
『MILES IN TOKYO』(COLUMBIA)
MILES IN BERLIN』(COLUMBIA)
1965(昭和40)年 マルコムXが暗殺される。
『E.S.P.』(COLUMBIA)
『COMPLETE LIVE AT THE PLUGGED NICKEL』(COLUMBIA)
1966(昭和41)年 シシリー・タイソン(『ソーサラー』のジャケットに登場する女性)と出会う。
ジョン・コルトレーン来日。
MILES SMILES』(COLUMBIA)
E.S.P.』(COLUMBIA)
1967(昭和42)年 ジョン・コルトレーン死去。
ディジー・ガレスピー・バンドとともにビレッジ・ゲイトに出演。シュガー・レイ・ロビンソンが訪れる。
アメリカ・ヨーロッパをツアー。
ギターやエレクトリックサウンドを取り入れ始める。
ベティ・メイプリー(『キリマンジャロの娘』のジャケットに登場する女性)と出会う。
『SORCERER』(COLUMBIA)
NEFERTITI』(COLUMBIA)
『WATER BABIES』(COLUMBIA)
LIVE IN EUROPE』(COLUMBIA/LEGACY)
1968(昭和43)年 フランシス・テイラーと離婚。
ベティ・メイプリーと結婚。
ジミー・ヘンドリックス、スライ・ストーンなどと交流を持つ。
60年代黄金のクインテット解散。
チック・コリアとジョー・ザビヌルを使い始める。
チック・コリアにエレクトリックピアノを使わせる。
『MILES IN THE SKY』(COLUMBIA)
『FILLES DE KILIMANJARO』(COLUMBIA)
1969(昭和44)年 『イン・ア・サイレント・ウエイ』レコーディング。
『ビッチーズ・ブリュー』レコーディング。
フィルモア出演。
ベティ・メイプリーと離婚。
マーグリエット・エクスリッジ(『マイルス・あっと・フィルモア』のジャケットに登場する女性)と出会う。
IN A SILENT WAY』(COLUMBIA)
『1969 MILES』(SONY)
BITCHES BREW』(COLUMBIA)
『BIG FUN』(COLUMBIA)
1970(昭和45)年 自宅を改装。この年の収入35万〜40万ドル。
この時期、キース・ジャレットとチック・コリアがマイルスバンドにいた。
カルロス・サンタナ、批評家のラルフ・グリースンらと交流を持つ。
ジミー・ヘンドリックス、スライ・アンド・ファミリー・ストーンらとともにイギリス、ワイト島のコンサートに出演(35万人もの観客がいたらしい)。
ジミー・ヘンドリックス死去。ジミー・ヘンドリックス、ギル・エバンス、マイルスのコラボレーションが実現する予定となっていた矢先だった。
チック・コリア、デイブ・ホランドが脱退。
マイケル・ヘンダーソンが加入。
1971(昭和46)年 キース・ジャレット、ジャック・デジョネットが脱退。
A TRIBUTE TO JACK JOHNSON』(COLUMBIA)
『BLACK BEAUTY』(COLUMBIA)
『GET UP WITH IT』(COLUMBIA)
『MILES DAVIS AT FILLMORE』(COLUMBIA)
『LIVE EVILL』(COLUMBIA)
1972(昭和46)年 ドイツの前衛作曲家カールハインツ・シュトックハウゼン、イギリスの作曲家ポール・マイスターなどを研究、バッハの作曲技法についても再度の研究をしている。これらが『オン・ザ・コーナー』に結びついている。
『ON THE CORNER』(COLUMBIA)
『MILES DAVIS IN CONCERT』(COLUMBIA)
1973(昭和47)年 この頃、バンドを完全にエレクトリック化。ヤマハが機材提供したらしい。
ドラムスをジャック・デジョネットからアル・フォスターに変える。
この頃のサックスは、カルロス・ガーネット、ソニー・フォーチュン、デイブ・リーブマン
1974(昭和48)年 『DARK MAGUS』(COLUMBIA)
引退を考え始める。
1975(昭和49)年 音楽活動を休止。1980年に再開するまで一度もトランペットを持たなかったという。
『AGHARTA』(COLUMBIA)
『PANGAEA』(COLUMBIA)
1976(昭和50)年 『UNKNOWN SESSIONS VOL.1:1973-1976』(KIND OF BLUE)
1979(昭和53)年 チャールス・ミンガス死去。
1980(昭和55)年 音楽活動を再開。
マーカス・ミラーが加入。
ビル・エバンス死去。
『THE MAN WITH THE HORN』(COLUMBIA)
1981(昭和56)年 ステージカムバック。メンバーは、ベース/マーカス・ミラー、ギター/マイク・スターン、サックス/ビル・エバンス、ドラムス/アル・フォスター、パーカッション/ミノ・シネル
ニューポート・ジャズフェスティバル、日本ツアーなどを精力的にこなす。
シシリー・タイソンと結婚。
『WE WANT MILES』(COLUMBIA/グラミー賞受賞)
『MILES DAVIS LIVE IN JAPAN’81』(SONY)
1982(昭和57)年 ヨーロッパ・ツアー。
プリンスの音楽に注目する。
帰国後は国内とカナダをツアーする。
絵を描き始める。
『STAR PEOPLE』(COLUMBIA)
1983(昭和58)年 ヨーロッパ・ツアー
『DECOY』(COLUMBIA/グラミー賞受賞)
1984(昭和59)年 ソニング賞受賞
『YOU’RE UNDER ARREST』(COLUMBIA)
1985(昭和60)年 ドラムスがアル・フォスターからビンス・ウイルバーンに。
日本ツアー。
『AURA』(COLUMBIA)
1986(昭和61)年 映画『ストリート・スマート』のサウンドトラックにかかわる。
アムネスティ・インターナショナルコンサートに出演。
『FAHRENHEIT/TOTO』(COLUMBIA)
『TUTU』(WARNER BROS./グラミー賞受賞)
1987(昭和62)年 レーガン大統領とナンシー夫人のパーティに招待されたシシリーとともに出席。「にせものの笑いを浮かべたお粗末な野郎ばっかりだった」
アメリカ、ヨーロッパ、南アフリカ、日本、香港などをツアーやフェスティバルでまわる。
『SIESTA』(WARNER BROS.)
『OH PATTI/SCRITTI POLITTI』(WARNER BROS.)
1988(昭和63)年 プリンスのコンサートに参加する。
ギル・エバンス死去。
スペインのアルハンブラ宮殿で爵位を授与され、“マルタの騎士”となる。
『AMANDLA』(WARNER BROS.)
1989(平成元)年 シシリー・タイソンと離婚。
1990(平成2)年 『DINGO』(WARNER BROS.)
1991(平成3)年 9月28日午前10時46分(日本時間29日午前2時46分)、アメリカカリフォルニア州サンタモニカの病院にて肺炎、呼吸困難等の合併症により死去。享年65歳。
『DOO-BOP』(WARNER BROS.)
『THE DOO-BOP SONG EP』(WARNER BROS.)
『MILES DAVIS & QUINCY JONES LIVE AT MONTREUX』(WARNER BROS.)
『LIVE AROUND THE WORLD』(WARNER BROS.)
参考文献
『MILES The Autobiography』(MILES DAVIS WITH QUINCY TROUPE/PICADOR)
『MILES ON MILES』(Lawrence Hill & Co)
『Miles Davis Standards』(Hal Leonard Corp)
『So What:The Life of Miles Davis』(Simon & Schuster)
『The Miles Davis Reader』(Hal Leonard Corp) 他

スポンサー広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

言語:

スポンサー広告